せんべろや野毛に関するラジオ番組を始めました(クリックでサイトにアクセスします)

【世界のせんべろ】アルメニアで見つけたローカル酒場

【世界のせんべろ】アルメニアで見つけたローカル酒場

世界のどこにでもあるローカル酒場。

日本人が決して見つけられない酒場を探して、現地の酒を頂く世界のせんべろ旅。

今回ご紹介するのは2019年6月にアルメニアの首都エレバンを一人旅した時に発見したローカル酒場です。

アルメニアの場所

アルメニアはアジアとヨーロッパの間にあるコーカサス山岳地帯にある国で、旧ソ連の構成国です。

日本からの直行便はなく、自分はカタールのドーハから経由してジョージアに入りそこから6時間ほどかけてバスでアルメニアの首都エレバンに来ました。

 

アルメニアに向かうバスの中で仲良くなったアメリカ人に休憩中に写真を撮ってもらいました

首都エレバンの街並み

アルメニアと聞いてピンとくる人は少ないと思います。自分も初めて訪れましたが日本人はもちろんのこと、世界のどこにでもいる中国人でさえほとんど見かけませんでした。そのためか歩いているとジロジロ見られることが多かったです。

ローカル市場は地元の人が多く賑わっていました。見るだけでも楽しく手に取ろうとするとジロっと見られるのでスマイルでその場を濁しました(笑)

アルメニアのビール

KILIKIA キリキア 100円(スーパーマーケット価格)

めちゃくちゃ美味いです。瓶なのに強炭酸でスッキリしてのど越しが強い力強い味。世界のビールの中でもTOP3に入る美味しさでした。アルメニアを代表する定番で安いビールです。

アルメニアで見つけたローカル酒場

エレバンから電車で30分ほどかけて南西に位置する超ローカルな「Garegin Nzhdehi Square駅」で降りました。ともかく地元の人しかいない場所に行きたくてこの駅を選びました。

駅を降りて周辺には小さな露店がたくさんありました。

グーグルマップで見ると近くに市場を見つけたので目指している途中にローカル酒場を発見しました。

よく見るとビールの絵が書いてあります。これは絶対、居酒屋だ!と信じて入ってみました。時間は15時過ぎ。

中に入ると女性が一人でちょこんと座っていました。

「バリ オール!(こんにちわ)」と元気よく挨拶しながら店内を見るとサーバーが置いてありましたので、身振り手振りで「ビアー、OK?」と伝えると女性は頷きました。

年季の入ったゴールドのサーバー。

キリキア・ビール 500ドラム(約110円) ※中心地のBARだと700ドラム(150円)くらいでした。

泡たっぷりの見るからに美味しそうな生ビール。もちろん味は言うことなし!

ジャーキー 100ドラム(約22円)

噛み応えがあり、噛めば噛むほど味が染み出る美味しさ。

店内はテーブル席が3~4つほどのこじんまりとした居酒屋でした。

もちろん座れてお通しチャージ無し。

いきなり見つけたローカル酒場で突撃して入って飲む。

常連と思われる地元のオヤジがふらっと入ってきてコニャックを注文していました。

店主の女性に写真をお願いしました。

その時に「日本人は今までここに来たことはありますか?」と聞いたら、「いいえ。日本人なんて初めて見たわ」と言われました。

あまり表情は表に出しませんが、こちらが質問すると色々答えてくれる優しい女性でした。

最後に挨拶をしてお金を払って店を出ました。

初めて訪れたのにとっても居心地の良い素敵な居酒屋でした。

こちらの居酒屋の詳細

店舗名:不明

営業時間:昼からやっていると思われる

最寄り駅:Garegin Nzhdehi Square駅

飲み物:ビール以外にコニャックやウォッカがありました。

食べ物:ジャーキーなどの乾き物

世界のせんべろカテゴリの最新記事